独身リーマン&猫一匹




2018年元旦 :: 2018/01/01(Mon)


2017年もあっちゅう間に終わって2018年がきたね。
個人的にはだから何?という感じで普段の休日と変わらず過ごしてるけど。


IMG_3380.jpg


大晦日と元旦だけはカムイと一人と一匹で過ごすのがここ10年以上の慣わし。
昨年も病気ひとつせず元気に過ごしてくれたカムイには感謝あるのみ。



IMG_3379.jpg


今年には13歳になるんかな。だんだん年齢がよく分からんなくなってきた。
それだけ若々しい毛並と仕草。年を重ねてもお茶目なところは変わらない。
突然一人運動会を始めるし、甘えた声で遊びの催促も。



IMG_3396.jpg


今年も共に健康に過ごすことが目標だね。



IMG_3401.jpg


いつまでもマイベストパートナーとして。




人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
怒りのニュース :: 2017/10/06(Fri)

どもども、誤解を招いたかもしれないけど、完全におさらばじゃないよ。いわゆる不定期更新。何も言わずにしばらく更新されないと心配する方もいるのでね。

ちゅうわけで今日は朝から更新だけども、猫虐待のニュース見た?


もうほんま怒りがこみ上げるというか、心が痛むというか、経緯や記事を読んでいると反吐が出るくらいだけど、しっかり見ちゃったよ、猫の痛ましい写真とかまで。

猫に熱湯を浴びせたり、バーナーで焼くくなどをした鬼畜行為を、「猫は有害動物なので、私がしたことはその駆除。法律違反には当たらない」なんて、いけしゃあしゃあとのたまってさ。じゃあ、なんでその様子を動画に撮影して面白がってネットにアップしてんだよって話。

犯行は大矢誠という税理士の仕業。こんな真っ当な努力なしには就けない仕事を持つ人間がなぜこんな理解不能なことをしたんだか…。人間の心の闇の深さに恐ろしくなる。

熱湯を浴びせ続けられた猫は大矢が近づいてくるたびに恐怖で威嚇したというけど、その様子が思い浮かんじゃうから悲しい。

こいつの事務所はさいたま市見沼区にあるという(犯行が行われたのは埼玉県深谷市)。いずれも埼玉の中では自然の残る豊かな土地だというのに、こんな恐ろしい人間がいたとは。

この男が氷山の一角で、知らぬところではいつでもこんな事件が起きていないことを願うよ。



久々の更新なのにヘビーな話題になってしもたので、気を取り直して。

去年のこの時期に埼玉県日高市の通称「巾着田」と呼ばれるところで、何百万本もの彼岸花を見て、「あぁ、これは絶対に生きている間は毎年見なければいけない絶景だ」と心に誓ったんだけど、なんと今年はちょうど満開見頃の週に行くことができず、まぁ一週ずれても平気だべと高をくくっていたら、花の命は短きものよ…。サイトの案内を見たら、「見頃は終わりました」の無常の通達が…
しおれた彼岸花ほど儚くガッカリするものはなく今年は断念。


で、その代わりに行くことにしたのが同じ埼玉にあるとある公苑。


IMG_E3124564578124564578023.jpg


コスモスが見頃っていうから行ってみたんだ。

どうだい、見頃だろう。素敵だろう。



IMG_1245645783027.jpg


こんな花弁を見ていたら、誰だって山口百恵になりきって、薄紅のコスモスが秋の日の♪って歌い出したくなってしまうよ(笑)


家から割と近いこの地域にこんないい場所があったとは。と思えば、家からさほど遠くない地区にさきほどの大矢のような凶悪犯もいたりして世の中はまだまだ知らないことだらけ。




IMG_E3124564578031.jpg


コスモスだけでなく、川などの景観も素晴らしい。ホッとする。写真の合間に赤っぽいものが見えるべ? 遠目にはもしや彼岸花か!?と思ったら…





IMG_3124564578025.jpg


彼岸花ではなく(この地にも彼岸花の花壇はあったようだけどやはりシーズンを終えていた)サルビアだったけど、これが大当たり。目当てだった彼岸花以上の美しい赤の勢揃い。サルビアの赤、森の緑、空の青のコントラスト、最高!





21012124564578.jpg


巾着田の代案として何気に訪れたこの地だけど、ほんとうに当たりだった。その日は行かなかったけど、手料理風のバイキングなどもあって次回はここでランチをと心に決めた。さらに3年ものの手作り味噌までゲットできたしね。




IMG_E3032.jpg


このこんもり植物もいい味出しているべ。


あー、日本の四季は素晴らしい。これからしばらくのシーズンは紅葉がいいね。心を洗いに今週もどこかの地を訪れる予定だよ。





さてさて、お待たせ我が家の王子


IMG_E2912456457882.jpg


痛ましいニュースに翻弄されたこの数日、自分の子だけ幸せならってわけでもないけど、こうして縁あって共に暮らす同士としては、せめて最大限の無償の愛と慈しみを注ぎたいものだよ。こんなほうけた顔も安心の証(笑)

良く食べ 良く寝て 良きウンコ

五・七・五にもなっちゃいないけど、今のカムイをあらわすにピッタリの句。

最近は涼しくなってきて夜に布団を共にすることが多くなってきたけど、10年以上の慣習ながら相変わらず幸せを感じるわ。ある意味、40を超えたオッサンとしては猫と共に寝ることに幸せを感じるというのは、はたから見れば怪しさもあるのかもしれないが、そんなの関係ねぇ(笑)

そんな日々が一日でも長く続くように、これからもカムイに奉仕を続けていくよ。そして世の中の動物虐待がなくなりますように。






人気ブログランキングへ

また気が向くまでアディオ~ス


最近、テニスと太極拳に加えて卓球まで始めたから以前に増して忙しいんだわ。嬉しい忙しさだけどね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:12
しばしお休み :: 2017/09/26(Tue)

気付けば金木犀の季節になっていた。


IMG_300175823582114.jpg


桜のように派手な御姿ではないけど、ふわっとどこからか香ってきたかと思うと傍にある。そんな感じ。今年も香ることができて感謝。




IMG_300175823582116.jpg


そんな秋めいた今朝、我が家のベランダのサボテンを植え替えた。サボテンの植え替えは大変だね。比較的柔らかな棘のサボテンだけど、それでも指に刺さったりして。うまく根付いてひと回り大きくなって欲しいもんだね。





久々のカムイの登場だけど、ずっと元気だったよ。



IMG_300175823582106.jpg


食欲旺盛、いいウンをして毛並も良好。




IMG_3002017582358213.jpg


でもさすがにもうすぐ13歳ともなると、少し年取ったかな?と思う時もある。




IMG_300017582358217.jpg


どこがどうってわけではないけどなんとなく。毛並もボサボサの時もあるし。




IMG_300175823582104.jpg


まぁ、それは飼い主がブラッシングを怠ったからに過ぎないかもしれんけど。




IMG_300175823582109.jpg


おどけた感じの表情でこちらを見つめる表情の豊かさは変わらないね。





さて、最近は更新も滞ってしまって、いっそのことブログを辞めてしまおうとも思ったけど、辞めたと言い切ってしまうと、再びまた書きたくなった時に書くところがなくなってしまうので、とりあえず残しておこうと思う。

でも、もしかしたらもうずっと更新しないかもしれないし、またふらっとするかもしれない。多分すると思うけど(笑)

それまで更新がなくてもご心配なく。それでは。





人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:15
金魚アート :: 2017/09/07(Thu)

京都紀行のおまけ

IMG_2201709070000957.jpg


左:下鴨神社のナスをモチーフにした置物
中:出雲大社のしあわせなでウサギ
右:上賀茂神社のやたガラス

ウサギとカラスは中におみくじが入っているんだよ。おみくじを引いた後もこうして置物(魔よけ)として楽しめる。普通のおみくじをやるのがバカらしくなるほどの良きアイデアだよね。

ちなみに後ろの置物は友人からのお土産品。すべて玄関に置いてある。我が家のパワースポットだな。




さて、別の日のこと。



IMG_28170907000092.jpg


銀座に繰り出した。歩行者天国の銀座はなんか気持ちいい




IMG_29170907000003.jpg


目当てのひとつはこちら。金魚と照明のアートアクアリウム




IMG_29170907000001.jpg


金魚好きはいかない手はない




IMG_29170907000025.jpg


しかし、この写真だとこのイベントのすごさが伝わらないな





IMG_21709070000911.jpg


本番はこっから




IMG_29170907000006.jpg


色が怪しげに変化




IMG_21709070000907.jpg


我が家では金魚にストレスを与えないよう蛍光ランプすらつけず自然光だけで過ごさせているというのにこの色の変化。金魚的には慣れっこかな。人間としてはすげー!って感じだったけど。





IMG_29170907000017.jpg


なんか雰囲気的にはディスコの世界(行ったことないけど)




IMG_21709070000914.jpg


歪曲した水槽で魚が巨大に見えたりも





IMG_29170907000036.jpg


この水槽のタイトル

『過密』ってのはどうかい




IMG_29170907000013.jpg


まぁ、壮観ではあったよ。水が汚れない工夫とかされているんだろうなぁ。イベント開催中の数ヶ月の間、金魚たちはここで過ごすんかな。





シックな焼き物を容器としたものもあった



IMG_29170907000027.jpg




IMG_29170907000031.jpg




IMG_29170907000029.jpg



器も金魚も芸術品の域だね





IMG_29170907000041.jpg


最後に玉手箱風の水槽。このイベント自体が竜宮城をモチーフにしていたんかな。確かにそんな異空間につれてこられた感じはした。




IMG_21709070000943.jpg


掛け軸の中には黒いリュウキン






IMG_29170907000048.jpg


竜宮城を出ると外は夕闇。建物が照明で照らされてそれもいい感じ。目の保養になりやした。






人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2017 京都紀行4 :: 2017/09/05(Tue)

京都紀行がダラダラと長くなってしまっている。今日は火曜日。水曜日になるとまた競馬の予想などで忙しくそれが週末まで続いてしまうので、なんとかかたをつけたい。ということで、今日中にパート3と4を頑張って更新してしまおう。

ちゅうことで、清水寺から知恩院へ向かったんだわさ。



IMG_220170905000000838.jpg


到着。

でかっ!ってのが第一印象。

階段ひとつひとつも大きくてご老人は大変そう。この時が一番暑くて、いつも階段を使って鍛えている俺でもひーひーはーはー




IMG_20905000000841.jpg


そんな中でも蓮に癒されますな




IMG_28090500000043.jpg


この上部にある建物はさして大きくない部屋みたいになっているんだけど、この部屋に入ると突然いい風が入ってきてね。これまた思い込みかもしれないけど、風と共にいい気まで受けた感じになったよ(単純)。でも、こういうところで、何事にも感謝する念を呼び起こされると、自然が起こしてくれる風にですら感謝したくなるから不思議。こんな暑い時のことさら


知恩院も本堂を修繕していた。からというわけではないが、個人的には今回の京都での印象度は低いかな。親鸞さんだっけ、念仏を唱えて幸せになる人が教祖だったかな。例によってすごく適当だけど(笑)。調べもせずに書いているから、もし法然さんだったら許してねと(笑)




さて、知恩院の後は本来なら出雲大社に向かうはずだったけど、初日でいけなかった上賀茂神社もどうしても気になる。盛砂の写真を取るとパワーがもらえると書かれているそれにお目にかかりたいのだ。




IMG_28090500000046.jpg


ということで、やってきましたよ、上賀茂神社。

広々とした景観に大きな鳥居。来た瞬間に、来て正解と思わせる雰囲気。この何となくでも、いい気分と感じるだけでも自分とその場が合っている証拠なのだ。逆になんか居たくない、気分が悪いと感じた場所にはなるべく行かない方がいい(と心霊番組でやっていた笑)



さて、お目当ての盛砂のいわれ。



IMG_28090500000051.jpg


立砂ともいうのか。どっちかといえば正式にはこっちか。




IMG_211111111848.jpg


ほら、美しいべ。美しいんだが、これをバサッと崩してみたくなる衝動に駆られるのは一体…
バチあたるわ(笑)

この写真を撮ったからパワーいただき!と思って、この地を去った後によく本を読んでみたら、ここで記念撮影すると良いらしかった。自分が映っていないとダメなのか? まぁ、そんなことないでしょ。しかし、とにかく神々しさすら感じるね。誰だよ、崩してみたくなるとかいったのは(笑)




IMG_28090500000047.jpg


晴天というのもあるけれど、この開放感、緑や建物のコントラストなどすごく気に入った神社のひとつとなった。人はさほど多くなかったかな。有料でより良い気を受けられる本堂(?)に入れるようだったけど、無料でいいじゃんケチ!などとバチあたりなことを思ってしまったのと、次のスケジュールが押していたこともあって有料はパス。でも、行っても良かったかなとちと後悔も。




この後は、出雲大社にいって、嵐山、嵯峨野竹林、天竜寺というプランだったが、この時点で帰りの新幹線の時刻を計算すると、出雲大社か嵐山のいずれかを選択せねばならぬことが判明。昼飯を抜いて、新幹線の時刻を一時間後にずらしてもそれは変わらない。

よくテレビで見る渡月橋のあの風景、嵯峨野の竹林も魅力ではあった、天竜寺の天上の龍も見たかった。

しかし、今回はパワースポットを巡る旅。その本によれば、出雲大社は下鴨神社と並んで最高ランクの評価をされていた神社。この旅のメーンイベントとして残しておいたぐらいで行かぬわけにはいかないと、泣く泣く嵐山は断念。



出雲大社のある駅についたらバスで移動するのだが、バスが30分ほど来ないので、もう16時近くだったと思うけど昼飯を食おうとしたが店がない。ようやく見つけた王将ですらお盆休みとかで休んでる。京都のお店って平日に一日休んだり結構マイペースと感じていたが(東京ではあまりない)、全国チェーンの王将すら時期をずらしてお盆休みとは…

しかし、王将に隣接したイオンはやっていた。よって、イオンでお刺身とから揚げの惣菜とチーズなどを買い、マクドナルドの席で食うことに。京都に来ながらこの侘しいランチは一体…って感じだったけど、メーンは出雲大社だし、とりあえず腹に入れたので満足。




そしてついに…



IMG_28090500000054.jpg


出雲大社へやってきた。京都市内から出て亀岡だったかな?確か亀なんとかって駅だったけど、そこまでやってきてもはや夕刻。人は少ない。でも、赤い鳥居ばかりだった今回の神社でこの白い感じが逆に新鮮でこれまた神々しい感じ。




IMG_28090500000055.jpg


それに、しあわせなでうさぎ もおるよ(笑) もちろん撫でた。思い出しちゃうね、グレ、レーさん、マル、チャーリー




IMG_20905000000859.jpg


そういやウサギの写真を撮る時は真横より、この角度が一番可愛いというのを思い出してもう一枚。




IMG_28090500000058.jpg


この神社の湧き水は飲める。日本でも有数の素晴らしい水だって。不老水とも呼ばれるルルドの泉の水の成分に匹敵するとか。もちろん飲んだ。ペットボトルをさっき捨ててしまったのを悔いたね。ボトリングすればもっと飲めたのに。



実は新幹線の時間も迫っていて、この出雲大社の滞在リミットは20分ほど。神社で慌ててはいけないとはいえ、はやくイワクラにいかねば!


イワクラとは、「盤座」と書いてそう読むんだけど、ここに神様が宿る最高のパワースポットなのだそうだ。慌てていたから盤座の位置が始めはよく分からず、本には2箇所の盤座があるとされていて、1箇所の方には近づいてはいけないと書かれていた(のを後で知った笑)

そして、たまたま近場の方の盤座に辿りついたのだが(たどり着くというほど遠くもない)、そっちは近づいてもいいというか、むしろ最大のパワーをいただける方の盤座だったからラッキーだった。




IMG_20905000000856.jpg


ほら、とくとご覧あれ、今回の旅の集大成を!


感じたね、感じたよ、びんびんに感じた。蚊の羽音を…

そう、こっちは神様の気をいただこうと、神聖な気持ちで気持ちを落ち着かせようとするのだが、とにかく蚊がすごい。ヒッチコックの映画『鳥』の蚊バージョンとも思わせるほどのすさまじい攻撃で顔、体の周りを飛び回って少しもジッとしていられないほど。命からがら?なんとか写真を撮って早々に感謝の念を告げてこの場を去ったよ。

蚊がいなくて時間があれば、しばし佇んでいたい様な神聖な場だったね。



ちゅうわけで駆け足になったけど、京都紀行お終い。どこも良かったけど、鞍馬寺、清水寺、上賀茂神社あたりが特に印象に残っているかな。本によると、パワー最高とあった、下鴨神社と出雲大社の立場はいったい…って感じだけど、気やパワーの感じ方はやっぱり人それぞれ。

実際、京都がどれだけ素晴らしくても、帰宅して一日ぶりにカムイのいる我が家に戻ったら、実はそこが一番のパワースポットじゃんって思ったしね(笑)





人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
前のページ 次のページ