独身リーマン&猫一匹




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
すばらしい生き様 :: 2015/10/04(Sun)

今日は日曜日の昼下がり。
久々にテニスもなく予定もなく、
ただまったりと過ごせる時間が取れた。

というか、何かまったり過ごしていると
時間の無駄のような錯覚になってしまって、
いつでも予定がないと落ち着かないように
なってしまったんだけど、こういう日も大切。

昨日、テレビ(Jコム)のハードディスクの容量を増やす工事をした。
おかげで今後は、朝にドラマを消化、帰宅してからドラマを消化と
慌しい日々から脱することができるのだけど、
機器の交換に伴って、これまで録りためていたものが
すべて観られなくなってしまうという悲劇も起きた。

観ている途中の『広開土大王』を筆頭に、
『善徳女王』、『華麗なる遺産』、『インス大妃』、『商道』といった
ドラマたちが一度も観られることなく消えてしもた…
事前にDVDに焼いておけばその悲劇も避けられたのだが、
機器の故障でDVDに焼くことすらできなくなってしまったので。

まぁ、仕方ない。
またこれから始まるドラマを一から録りためていくしかないなと。

とまぁ、そんな感じで相変わらず韓国ドラマに嵌っている今日この頃。
日本では『孤独のグルメ』シーズン5が始まったが、
なんと初回を見逃すというやらかしをしてしまった。
まぁ、あれは連続ものではないから次回からはしっかりと。



さて、どうでもいい我が身のことは置いといて。
ブログを休んでいる間にいろんなことがあったけど、
やっぱり衝撃だったのは、川島なお美さんが亡くなったこと。
亡くなって知られざるエピソードが報道されるにつけて、
胸の締め付けられるような思いを抱いていた。

去年の7月にはガンが再発していたんだよね。。。
その時に一年は持たないとご主人が言われたとかで。
そこで抗がん剤は受けない選択をして、
金の棒で体をこする治療をして亡くなったとか。

まぁ、これはマスコミのいじわるな表現方法で、
抗がん剤を受けていたら術後に出演したいくつかの
舞台には当然立つことはできなかっただろうし、
元気に食事したりゴルフをしたり、
そういう生活も無理だったんじゃないかなと思う。

でも、今年に入って1月、5月、8月と舞台。
ちょっと生き急いでしなったのかな。。。という気もする。
舞台って稽古も本番も想像を絶するプレッシャーで
しかも体力勝負だろうし、もう少し自分の体を
労わってもらえれば…とも思ってしまう。

でも、医師が言っていたように、
この舞台への想いがあるからこそ
ここまで生きながらえたというのも嘘ではないと思うし、
何より亡くなる直前までやりがいのある仕事に携わることが
できたのだから、本人に悔いはないのかもしれないね。

何より驚愕したのが、ガンの末期症状といわれる
腹水の症状が見られながら舞台に立っていたということ。
ゲキ痩せが話題になったパーティーの時にはすでに
そういう状態だったのに、あえて肌を露出する服を着て
元気さもアピールしていたし、その精神力には脱帽で。。。

過去のブログを拝見すると、ガンが再発した後も
いろいろな方と会って食事をしたり、
楽しんだりしている元気な姿がたくさんあるし、
友人の話を聞いても、誰もそんなことは気づかなかったという。

それが彼女の気づかいでもあるだろうし、
ガンであっても後ろ向きな思考は一切せず、
プラス思考で未来を見ることしかしていなかった
証明でもあると思う。

先のことを思い悩むのではなく、
明日死ぬと分かっていても今日一日を
精一杯に生きるの精神だったのだろうね。

それでなければ死の前日に、
ご主人の誕生日パーティーの件で
知人にメールをしたりとかってこともないだろうし、
腹水をためながら、元気ですとアピールもできないだろう。
本当に前しか見ていなかったんだなと思う。

亡くなる一週間前まで舞台に立つ。
今までここまでの生き様は見たことがない。
こんなに強い人がいるなんて。
人知れず闘病はしていたのかもしれないけど、
ファンにも友人にもそんな素振りも見せず、
自分の仕事に邁進した生き方。

こういう方には長生きしてもらいたかったけど、
こういう生き方だったからこそ
早かったのかもしれないなと思ってもしまう。
それだけ濃密で充実した人生だったろうと思う。

そんなわけで、いろいろ考えさせられた川島さんの死。
『お笑い漫画道場』で「団吉・なおみのおまけコーナー!」と
明るい笑顔で元気に呼びかけるあの姿、
いまだに脳裏に焼きついてるなぁ。合掌。





IMG_490420151004.jpg


生きているということは生かされているということでもある。
どんなに辛いことがあっても前を向いて生きていくしかないんだね。



IMG_490220151004.jpg


前にも増して感謝、感謝の気持ちを大切に。
不平・不満・愚痴はなるべく少なめに。。。



IMG_490020151004.jpg



と思った傍から、馬券で外れると、悲壮感漂うほどにショックなのは…
なんて器の小さな男なんだろか(苦笑)


負けても馬券が買えるだけでありがたい。
そう思いつつ、今日のスプリンターズSデーを楽しむことにしようかな。




20060316231008.gif
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<タイトルなし | top | 金木犀の季節>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/10/04(Sun) 18:09:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

maruoさん、こんばんは!

今日、新しい仕事仲間と世間話しをしていたら、ひょんなことから
ブロディの話になり maruoさんが頭の中をよぎり
今夜ブログに寄ってみました。お久しぶりで~す。
カムイ君もお元気そうでなによりです。

私も楽しみにしていたにもかかわらず、孤独のグルメシーズン5の1話目を見逃してしまったおばかです(笑)
また、おじゃまししま~す♪
  1. 2015/10/04(Sun) 23:42:03 |
  2. URL |
  3. スーパーカリフラ #-
  4. [ 編集 ]

特にファンではなかったですが、川島さんは印象に残る人でしたね。
抗がん剤治療を拒否したこと、ご主人に「できれば再婚しないで」と言い残したことなどをあれこれ言う人がいますが、他人がとやかく言うことではないと思います。

私の身内はスキルス性胃癌で宣告から4ヶ月で亡くなりましたが日を追うごとに痩せていき、亡くなる10日ほど前は川島さんの痩せ方にそっくりでした。だから、9月初めに黒いドレスで会見に現れた彼女を見た時、月末までもつだろうかと心配しました。

そんな状態でも、舞台に立ち続け、大きな声で歌い踊っていたなんて信じられない精神力です。気持ちが常に前向きで、いい意味でプライドを保っていたのでしょう。

普通は「安らかにお眠りください」と願うところですが、彼女には「天国に行ったら早速、好きな舞台に立って20年ぶりのコンサートを成功させてください」と祈りたいです。






  1. 2015/10/05(Mon) 21:48:43 |
  2. URL |
  3. 花まつり #-
  4. [ 編集 ]

>スーパーカリフラさん

なんでブロディの話題が出たのか気になる(笑)
ブロディは当時のプロレスのカリスマだからね、
彼から連想でこちらを思い出していただけて
何よりでございます(笑)


>花まつりさん

僕も川島さん、ファンではなかった、
むしろ失礼ながらやや高慢なところがある方?
なんて思った時期もありましたら、
それすら演じていたということなのでしょうね。

身内でそういう方がいるなら、
川島さんが舞台に立てたことの奇蹟は
より実感されるでしょうね。
大きな声を出すだけでも大変だったろうと思います。

彼女なら向こうのステージでもアクティヴに
動き回っていそうなそんな想いにもなりますね。
念願だった11月のライブコンサート、
本当に向こうの世界で実現させて欲しいものです。
  1. 2015/10/09(Fri) 07:27:08 |
  2. URL |
  3. maruo #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.blog20.fc2.com/tb.php/2699-eacca7c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。