独身リーマン&猫一匹




ファラの命日 :: 2014/06/25(Wed)

今日はファラ・フォーセットの命日だそうだ。
今からちょうど5年前。

farrah20140625.jpg

後にも先にもここまで自分が惚れ込んだ女優はいない。
このファラの人気のピークは1976年のチャーリーズ・エンジェルの時。
ちゅうことで俺なんか3歳であるから当然リアルタイムでは知らず、
中学生だか高校生ぐらいの時に深夜のテレビ東京で再放送されていた
チャーリーズ・エンジェルを偶然見た夜更かし坊主が、
「この綺麗な人は何者だ!」と、ものすごく時代遅れな
一目惚れをしたことから関係が始まった。
(関係といっても単なる一ファンだが)

しかし、当時はネットもないし情報は皆無。
この人が誰なのか、いま活躍している人なのか、
でもこの映像は古臭いし、やっぱり昔に活躍していた人で
今は婆さんになっているかも…などと
ああでもないこうでもないと考えたりしていたが、
その時見たチャーリーズ・エンジェルにしても
たまたまテレビをつけたらやっていたというだけで、
何曜日の何時に放送しているかも定かでなく、
次第にその存在は忘却の彼方となっていた。

…が、しかし、その後、
おそらく1990年頃のゴールデン洋画劇場で、
当時(といっても1981年)の豪華スターばかりが集結した
『キャノンボール』というカーレースアクション映画をやっていて、
(それでも当時の俺が知っていたのはジャッキーチェンくらい)
それも何気に見ていたら、ものすごく綺麗な人が出ていたのだ。
あれ、この人どこかで見覚えが…

その時は母親と観ていたのだが、
あまり海外の女優には詳しくはない母親ですら、
「あ、ファラだ。この人すごい人気あったのよね」などとのたまった。
その時はまだ何者か分からなかったが、
これだけでファラがいかに人気があったかが分かるというもの。

ん、ファラっていうのか、メモメモメモ…
その時はまだ、このファラが、数年前の深夜に観た
チャーリーズエンジェルの人であるという確信までは持てなかったが、
なんとなく似ているなと思ったし、後々調べてみて
やっぱり同じ人だ!と分かった時は嬉しかった。

それからこのファラが母親の言うとおり世界中で人気を博し、
もちろん日本でも人気はあったということも分かり、
当時のスクリーンやらロードショーといった洋画誌を、
神田の古本屋をめぐって買いまくった。
今ではいい思い出だなぁ。

何かにはまることで、何も知らなかったところから、
新たな知識を得ていく過程というのは本当に楽しく、
そういう楽しみを得るために何かしらに興味を持つために
多方面にアンテナを広げる傾向が強かった。
ようははまるとトコトンのオタク系。

ただ、最近はそういう新たな興味を
あまり持てないのは自分が大人になってしまったからだろか。
もっとも三国志やら水滸伝やらテニスやら競馬やら
ペットやらいろんなことには興味はあるんで、
こっからさらに…ってのもなかなか難しいが。


…ってなわけで、ファラに出会った経緯は
過去にも書いたかもしれないけど、
おそらくそれも5年前であろうし、
今日は5周忌ということで改めて長文を書いた。

5年前のあの日は今だに忘れない。
お偉方にキャバクラに連行され明け方近くまでその場にいた。
ファラが亡くなったこの日に、くだらないカラオケの合いの手を
愛想笑いでしている俺ってば何やってんだろ…て感じだった。

そしてファラが亡くなったこの日にマイケル・ジャクソンまで亡くなり、
ファラも本当は大スターであるはずなのに、
その三乗ぐらいのスターであったマイケルのせいで(?)
ファラのニュースはサラッと流れる程度(これは本国でもそうだったよう)
本来ならファラの輝かしい映像が延々流れてもいい日だったはずなのに…
なんて、マイケルに対して恨めしく思ってしまった日でもあった。

いずれにしても両人が亡くなってもう5年。。。早いなぁ。



00120140625.jpg

5年前にはグレもチャーリーも、
いやマルだってまだ存命だったかな(我がウサギたち)
なんてことも考えてしまうと、何も変わっていないようで
ある部分では変わっていることも多い。

このブログの読者の方もその当時からの方もいれば
その当時なんて知らねって方の方が多いようにも思う。

だけど、カムイと俺との蜜月関係は全く変わっていないのは何より(笑)
おかげでこのブログが存命しているのだ。


00220140625.jpg

抜けても抜けてもまだ抜ける毛の方は相変わらず。
今日もどでかい毛球を吐いていたのでホッとしたが、
それでも換毛は思ったより体力を使うらしいし
早く落ち着いてくれればいいなと思う。


00320140625.jpg

まぁ、この写真のように普段から体力は使っていないから平気か(笑)


00420140625.jpg

先日、ペットショップ巡りをしてきたのだが、
もともとが動物好きなんでたまにいろんなペットを
見るのも息抜きとなって楽しい。
動物園感覚だ。


00620140625.jpg

ある店は、フクロウとモモンガが充実してたな。
興味はあるけど、どちらも夜行性だろうし動かなそう。。。

そもそもフクロウやモモンガってのはペットとして買っていい動物なんかね。
たとえば犬猫というのはペットとして人間と共に暮らすために
昔からそういう風に交配されて誕生してきたものだと思うのだけど、
フクロウやモモンガって野生ってイメージなのだが…

それとも、ペット用のフクロウやモモンガなんかね。
まぁ飼っている人は非難するつもりはないし、
むしろ飼っている人の話などは聞いてみたい方だけど、
どうなんかなぁって思ってね。
モモンガのベビーが昆虫入れるプラケースに10匹以上いたから。


00720140625.jpg

まぁ、そういう意味では我が家にいる亀も野生に返した方が幸せなのか
それとも…といったジレンマはあるんだけど。

カムイに関してはどうしたって外で生きていくことは無理だから、
今後もこうしてぬくぬくと、死ぬまでストレスフリーで生きてもらいたい。


00820140625.jpg

で、いつもの結論なのだが、やはりどのペットショップをめぐっても、
カムイ以上のかわいいヤツにはめぐり合えない(笑)

もっともこれは容姿だけでなく、
長年連れ添った絆がそう思わせる部分もあるんだろうけど、
それでも、ペットショップで、「おぉ可愛い!」と思わさられた猫って少ない。
だいたいふーんて感じ(笑)
反則なはずの子猫ですら大人のカムイに敵わないってか(笑)

はい、親ばかが顕著になってきたのでお後がよろしいみたい。

さ、80話近くあった『水滸伝』のラスト2話見るぜよ。
実は今朝も早起きして2話見た。普通、サッカーだろうよ。
いや、俺は水滸伝(笑)



20060316231008.gif

鈴木さん名乗り出たけど後は出ず。
名乗り出た鈴木さんを一気につるし上げるマスコミもマスゴミだが、
俺的には謝罪したんだからもういいじゃんて感じ。
それよりも、他の野次で名乗り出る者がなく、
知らん振りのまま終わらせようとする自民党もダメだこりゃ。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
<<一週間 | top | 回復中>>


comment

俺にとって一番印象的なファラは
銀座ジュワイヨクチュール マキ のCMですかね。
これでもかってくらいゴージャスなファラを思い出します。
  1. 2014/06/26(Thu) 10:00:26 |
  2. URL |
  3. 慎之介 #Pz.4zlCQ
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/06/27(Fri) 12:18:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

maruoさん、こんにちは。

いつぞや、「中森明菜」「いたどり」ネタ時にコメントをした者です。
またもやブログランキングのサムネイルに目を惹かれ、
遊びに参りました。

ファラ・フォーセットとマイケル・ジャクソンの命日は同日だったのですね。投稿済みの内容かもしれませんが、「ファラ・フォーセット」は当方が中学生の時分、「西洋の美しい大人の女性」そのものでした。

「美人薄命」という表現は少々違うとは思いますが、
亡くなってしまうにはちょっと早かった、といったところでしょうか。

  1. 2014/06/29(Sun) 09:18:14 |
  2. URL |
  3. ぴ #0f8TWzyY
  4. [ 編集 ]

初めまして。このブログは時々観ていました。ランキングを観ていたら、ファラの画像があったので、なぜ?と言う思いもあって今回、拝見させていただきました。
あれから5年。私はニューヨークで暮らしていたので、ファラのニュースは亡くなる前から割と身近に接していました。ドキュメンタリーも観ていました。マイケルの死のニュースの報道のほうが確かに大きかったですが、でも、女性の多くは強く自立したファラの死を貴いものとして受け止めていました。悲しかったけど、尊厳のある死を感じた日でした。
  1. 2014/06/29(Sun) 10:23:44 |
  2. URL |
  3. AKIKO #-
  4. [ 編集 ]

どうしちゃったのかなぁぁ。。。

カムイ画の徐々接近配置おもしろいっ!

雨が降った後、
玄関前に湿った猫毛の束がたまっていて驚かされました。
一気に猫気配を消せるので、掃除が楽だったのだけど、
換毛期はすごいんだねぇ。。。

黒眼のカムイとダイアモンドブルーのカムイの眼は
本当に不思議です。
失礼ながらブルーの時にいつも可能姉妹を思い出すの。
というぐらいエレガンスってことかもですね。
(可能がエレガンスとはもちろん思わないけれども…)
  1. 2014/07/01(Tue) 00:55:18 |
  2. URL |
  3. gorutyjensky #ZAILHwbY
  4. [ 編集 ]

いやもう、IEの開きが遅くて遅くて、パソコンのスイッチを入れてからIEが開くまでコーヒー一杯飲めそうなくらいになってしまい、アドオンの管理で調べてもわからず、結局、HPを乗っ取る某国のHP?だかの仕業とわかり、いくつも抜いて元に戻りました。
素人だからほんとに困ります。

ファラの命日記事が以前載った時にもコメしたと思いますが、チャーリーズエンジェル好きでしたよ~。そうそう、マイケルと命日が一緒なんですよね。
二人ともなんでこんなに早く逝ってしまったのか。
ほんとに寂しいです。
  1. 2014/07/01(Tue) 22:55:34 |
  2. URL |
  3. 花まつり #-
  4. [ 編集 ]

>慎之介さん

慎之介さんもファラご存知でしたか!?
銀座マキのCMはいくつかパターンがあったけど、
どれもゴージャスでしたねぇ
つうても、リアルタイムでは知らなくて
後でユーチューブとかで見て知ったんですが。
でも、何となく、あ、このCM知ってる!って思ったので、
幼いながらにファラのことは見ていたんだなぁと。


>ぴさん

いたどり、今となっては懐かしいですね。
ファラにひかれて遊びに来てくれてありがとうございます。

ファラは西洋の美しい大人の女性、まさにそんな感じ。
華やかな人生だったでしょうが、苦労も多かったですからね。
息子と恋人が薬で捕まり、母親を亡くして、自分も病気になってしまって
でも、中味は濃い人生だったでしょうね


>AKIKOさん

はじめまして。
ファラはずっと闘病でしたし、ファンも危篤時は覚悟もありましたね。
死の間際にライアンオニールが求婚したり話題にもなったんでしょうね。
ファラズ・ストーリーはものすごい視聴率だったようですね。
日本では見ることができませんが、見たいようで見たくない気もします。
でも、ファラの親友の著書ではファラの強さが分かりましたね。
今となっては絶頂期の頃の姿ばかりが浮かんできます。


>goruさん

換毛期はほんとこれでもかってほど抜けますよ。
カムイで叶姉妹を連想、ま、分からなくもないですよ。
ただ、カムイは天然ものですけど(笑


>花まつりさん

あれ、PC買い換えたばかりではなかったでしたっけ?
それでいきなりウイルス感染とは運がなかったのでは。
でも元に戻って何よりです。
うちのPCはもう要領一杯で重くなってきました。

チャーリーズエンジェルはやっぱり映画版より
本家のドラマ版が断然ですね
  1. 2014/07/02(Wed) 23:55:27 |
  2. URL |
  3. maruo #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.blog20.fc2.com/tb.php/2481-f54b93b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)