FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




レーさん一周忌 :: 2015/10/21(Wed)

我が家で飼っていた四匹のウサギの
四女的存在であったレーさんが☆になって一年経った。
あっという間のようでもあり、
でも実はすごく昔のようでもあり。
(実感としては後者)

去年は10月に一週間のフランス出張があって、
その間はウサ飼い仲間に預けていたのだけど、
それ以前からレーさんの調子は良くなかった。

運動をつかさどる神経がおかしくなっていたのか、
急に後ろにエビのように飛び跳ねるようになってしまってね。
他の部屋にいても突然がしゃーんとか音がして
見に行くとレーさんが倒れて起き上がれなくなって
もだえていたりすることが多くなってきていて。

そんな最中のフランス行きだったから
行く前から気乗りがしなかったし、
実際行ってからも何かと気苦労が多くて、
未だに「あの時は辛く感じたけど今となっては良い経験」
なんて思わないんだよなぁ。フランスはとらうま。

それはともかく、それでも発つ前はまだ
レーさんがすぐにも逝くような状態とは思っていなかった。
餌も普通に食べていたし、毛並みもピカピカとは言えずとも
まぁちょっと悪いかなといった程度だったし。

…ところがフランス滞在時に受けた友人からの報告では、
「レーさん、自分で起き上がれなくなっちゃったよ」
とのこと。

えっ、たまに後ろに飛び跳ねるだけじゃなくて、
常に倒れちゃってるってこと!!?

ちょっと想像がつかなかったんだけど、
帰宅して友人宅にレーさんを迎えにいったら、
確かにレーさんは倒れていて、
自らのオシッコで汚れた毛並みはバサバサ。
立ち上がれないから餌も水も
なかなかうまく摂取できない状態で…

ほんの一週間の間にこんなになってしまうとは…
それでも健気に生きるレーさんを見たら
すごく悲しくなった。

ただでさえ体調が悪くなっている時に
ずっと暮らしてきた我が家から
別の場所に移されたことが影響したのかな。
わりとノンキな性格のレーさんだから、
そういう影響はなかったと思うんだけど。

それよりも、こんな悪い状態のときに
預けてしまった友人には申し訳なかったな
という思いの方が強くてね。
その友人がいなければどうにもならんかったし。



…レーさんはそんな状態(自分で起き上がれない)になりながらも、
それから我が家で2週間くらい生きてくれた。最後まで強かった。


IMG_0157.jpg


なかなかこんなかわいいウサはいなかったよ。




最後に身だしなみを整えるカムイ


926201510180.jpg


全然ブログの内容と関係ないけど(笑)
動物のこんな無邪気なところがいいんだよね。




20060316231008.gif
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:7