FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




足裏ジプシー。 :: 2009/07/21(Tue)


表題の通りこのひと月ばかり、
3度も足裏マッサージに通っている。
それというのも何としても自分に合ったお店を見つけたいから。

日々ネットで良さそうな店を見つけて通っているのだが、
最初に行った北浦和の店は施術前の足浴の時点で失格。

足裏マッサージ店では揉んでもらう前に足浴がある。
マッサージに入る前のその一連の工程も、
俺にとっては結構大事なのだが、その店は、
気を利かせたのか、「ぬるめのお湯にしておきますねー」だと。


ボケッ(笑)


もともとぬるいお湯に5分も浸からされた足は、
施術前にヒンヤリしちまったよ。
この時点でその北浦和の店は失格。施術も無難だったし。



2店目。
渋谷の会社近くにあるその店は足浴はまぁ無難。

施術前に体のどこの箇所に不安があるかというアンケートで、
俺は自分の不安のある箇所をあえて書かないのだけど、
終了後に担当者がその箇所を言い当てたのはポイント高い。


…が、しかし、俺の持っている足裏研究本のどれを見ても
足裏マッサージは左足から行ってくださいと書いてあるのに、
その担当者は右足から施術を始めた。


あれ、間違ってる? それともこの店ならでは?
などと考えてはいたが、足裏オタクと思われたくないので、
その点は指摘しなかった。(笑)

結局、全ての本が左足からといっているのに、
右足からやるのは邪道だろうよ、ってことでこの店も失格。
施術自体も普通だったから。



そして今日。
もういいかげん理想の足裏店に巡りあいたい俺は、
本格台湾足裏マッサージの門を叩いたのだった。

ビルの6Fにあるその店は少し敷居が高かったので、
様子見でとりあえず下から携帯で電話してみた。


「現在この電話番号は使われておりません」

…。


いきなり出鼻をくじかれた形だが、どう見ても営業はしている。
ここまできたら行ってみようと雑居ビルのエレベーターに乗った。

6Fに着くと普通に営業中。予約なしでもOK。
入り口に置いてあるチラシにも例の電話番号が…。
それ使われてませんけど…
この辺のいい加減さが本場台湾?(笑)


確かにお店の従業員は全て日本人ではない模様。
日本語は話せるようだが、当人同志だと
意味不明語が飛び交っていた。


しかし、それがまた期待を高める。
いよいよ本場台湾の痛~い足裏マッサージだ!
うぎゃーと喚いちゃうようなかな。ワクワク。


以前にも言ったが、俺の足裏は
ちょっとやそっとのマッサージでは全く痛みを感じない。

はじめの北浦和の店でも、
「このくらいやるとみんなヒィヒィ痛がりますよ」
と言われた強さも、軽く撫でてもらっている
程度にしか感じなかったほど。


【参考】
足裏記事1
足裏記事2


なかなか合格のお店が出ないのも、
痛みが物足りないというのもあるのかもしれない。
痛くないと効いた感じしないかんね。



それと、この店の中にはある有名人の写真があった。
それは、「サモハン・キンポー」。
いわずと知れた香港のおでぶちゃんスター。

どうやらそのサモハンが来店したらしい。
こういうの弱いよね。有名人でもくるほどの店なんだって。
余計に効きそうな気がしてくる。

まぁ、サモハンじゃなくて、ジャッキー(チェン)なら
もっと信頼できたんだけど…
なんて、サモハンに失礼なことを思っていると、
部屋に案内された。

部屋といっても、カーテンで
仕切られているだけの空間なんだけど、
その廊下の薄暗いこと薄暗いこと。
怪しい息遣い(寝息?)。トン!トン!と体を叩く音。


全てがあやし~!


でも、この怪しさは日本人のマッサージ店にはないもの。
期待できそう。


担当者は小柄なおばさんだった。
女性の力ではほぐせないほどの足裏なので、
本当は男性の方が良かったのだが、
決まったものはこのお方に全てを託すしかない。

頼んだよ、おばさん。


薄暗い空間に写るおばさんのシルエット。
何やら両手にたっぷりとクリームを塗っている。

さぁ、こい!



…が、おばさん、パワーないやん。

どこが台湾式やねん。
これじゃソフトさが売りの英国式だよ。

それでいて、おばさん。

「大丈夫?(痛くない?)」だと。

「もっと強くても全然大丈夫です」と言い放ってしまった。

しかし、ここ、なぜか話す時も小声でないといけない感じ。
暗闇の中でヒソヒソ声が飛び交う。怪しいって。


もっと強くをアピールしても、
結局、「いたっ」の「い」の字すら発することなく終了。

終了後もそのおばさん、「はい、お疲れ様」と言ったきり、
とっとと暗闇の廊下を消え去ってしまった。
この淡白さときたら…
これも台湾式?


理想は施術後に、どこどこの機能が落ちてるとか
いろいろ解説してくれるところなんだよぉ。
そこまで流暢に日本語話せないのかなぁ。


ということで、本日のお店も失格かな。
安くはないだけに骨折り損は残念。

でも、渋谷には知っている限りまだ2店はある。
給料入ったらまた別の店に行ってみよう。
ということで、足裏報告終わり。




IMG_9878.jpg


カムイの毛っけぼーぼーの足裏は
俺がマッサージしてやろか。



IMG_9860.jpg


むにむに。

…って俺の方が気持ちいいのねん。



IMG_9884.jpg


カムイも気持ちいいかな?
スポンサーサイト



テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

  1. | trackback:0
  2. | comment:6