独身リーマン&猫一匹




金魚アート :: 2017/09/07(Thu)

京都紀行のおまけ

IMG_2201709070000957.jpg


左:下鴨神社のナスをモチーフにした置物
中:出雲大社のしあわせなでウサギ
右:上賀茂神社のやたガラス

ウサギとカラスは中におみくじが入っているんだよ。おみくじを引いた後もこうして置物(魔よけ)として楽しめる。普通のおみくじをやるのがバカらしくなるほどの良きアイデアだよね。

ちなみに後ろの置物は友人からのお土産品。すべて玄関に置いてある。我が家のパワースポットだな。




さて、別の日のこと。



IMG_28170907000092.jpg


銀座に繰り出した。歩行者天国の銀座はなんか気持ちいい




IMG_29170907000003.jpg


目当てのひとつはこちら。金魚と照明のアートアクアリウム




IMG_29170907000001.jpg


金魚好きはいかない手はない




IMG_29170907000025.jpg


しかし、この写真だとこのイベントのすごさが伝わらないな





IMG_21709070000911.jpg


本番はこっから




IMG_29170907000006.jpg


色が怪しげに変化




IMG_21709070000907.jpg


我が家では金魚にストレスを与えないよう蛍光ランプすらつけず自然光だけで過ごさせているというのにこの色の変化。金魚的には慣れっこかな。人間としてはすげー!って感じだったけど。





IMG_29170907000017.jpg


なんか雰囲気的にはディスコの世界(行ったことないけど)




IMG_21709070000914.jpg


歪曲した水槽で魚が巨大に見えたりも





IMG_29170907000036.jpg


この水槽のタイトル

『過密』ってのはどうかい




IMG_29170907000013.jpg


まぁ、壮観ではあったよ。水が汚れない工夫とかされているんだろうなぁ。イベント開催中の数ヶ月の間、金魚たちはここで過ごすんかな。





シックな焼き物を容器としたものもあった



IMG_29170907000027.jpg




IMG_29170907000031.jpg




IMG_29170907000029.jpg



器も金魚も芸術品の域だね





IMG_29170907000041.jpg


最後に玉手箱風の水槽。このイベント自体が竜宮城をモチーフにしていたんかな。確かにそんな異空間につれてこられた感じはした。




IMG_21709070000943.jpg


掛け軸の中には黒いリュウキン






IMG_29170907000048.jpg


竜宮城を出ると外は夕闇。建物が照明で照らされてそれもいい感じ。目の保養になりやした。






人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2017 京都紀行4 :: 2017/09/05(Tue)

京都紀行がダラダラと長くなってしまっている。今日は火曜日。水曜日になるとまた競馬の予想などで忙しくそれが週末まで続いてしまうので、なんとかかたをつけたい。ということで、今日中にパート3と4を頑張って更新してしまおう。

ちゅうことで、清水寺から知恩院へ向かったんだわさ。



IMG_220170905000000838.jpg


到着。

でかっ!ってのが第一印象。

階段ひとつひとつも大きくてご老人は大変そう。この時が一番暑くて、いつも階段を使って鍛えている俺でもひーひーはーはー




IMG_20905000000841.jpg


そんな中でも蓮に癒されますな




IMG_28090500000043.jpg


この上部にある建物はさして大きくない部屋みたいになっているんだけど、この部屋に入ると突然いい風が入ってきてね。これまた思い込みかもしれないけど、風と共にいい気まで受けた感じになったよ(単純)。でも、こういうところで、何事にも感謝する念を呼び起こされると、自然が起こしてくれる風にですら感謝したくなるから不思議。こんな暑い時のことさら


知恩院も本堂を修繕していた。からというわけではないが、個人的には今回の京都での印象度は低いかな。親鸞さんだっけ、念仏を唱えて幸せになる人が教祖だったかな。例によってすごく適当だけど(笑)。調べもせずに書いているから、もし法然さんだったら許してねと(笑)




さて、知恩院の後は本来なら出雲大社に向かうはずだったけど、初日でいけなかった上賀茂神社もどうしても気になる。盛砂の写真を取るとパワーがもらえると書かれているそれにお目にかかりたいのだ。




IMG_28090500000046.jpg


ということで、やってきましたよ、上賀茂神社。

広々とした景観に大きな鳥居。来た瞬間に、来て正解と思わせる雰囲気。この何となくでも、いい気分と感じるだけでも自分とその場が合っている証拠なのだ。逆になんか居たくない、気分が悪いと感じた場所にはなるべく行かない方がいい(と心霊番組でやっていた笑)



さて、お目当ての盛砂のいわれ。



IMG_28090500000051.jpg


立砂ともいうのか。どっちかといえば正式にはこっちか。




IMG_211111111848.jpg


ほら、美しいべ。美しいんだが、これをバサッと崩してみたくなる衝動に駆られるのは一体…
バチあたるわ(笑)

この写真を撮ったからパワーいただき!と思って、この地を去った後によく本を読んでみたら、ここで記念撮影すると良いらしかった。自分が映っていないとダメなのか? まぁ、そんなことないでしょ。しかし、とにかく神々しさすら感じるね。誰だよ、崩してみたくなるとかいったのは(笑)




IMG_28090500000047.jpg


晴天というのもあるけれど、この開放感、緑や建物のコントラストなどすごく気に入った神社のひとつとなった。人はさほど多くなかったかな。有料でより良い気を受けられる本堂(?)に入れるようだったけど、無料でいいじゃんケチ!などとバチあたりなことを思ってしまったのと、次のスケジュールが押していたこともあって有料はパス。でも、行っても良かったかなとちと後悔も。




この後は、出雲大社にいって、嵐山、嵯峨野竹林、天竜寺というプランだったが、この時点で帰りの新幹線の時刻を計算すると、出雲大社か嵐山のいずれかを選択せねばならぬことが判明。昼飯を抜いて、新幹線の時刻を一時間後にずらしてもそれは変わらない。

よくテレビで見る渡月橋のあの風景、嵯峨野の竹林も魅力ではあった、天竜寺の天上の龍も見たかった。

しかし、今回はパワースポットを巡る旅。その本によれば、出雲大社は下鴨神社と並んで最高ランクの評価をされていた神社。この旅のメーンイベントとして残しておいたぐらいで行かぬわけにはいかないと、泣く泣く嵐山は断念。



出雲大社のある駅についたらバスで移動するのだが、バスが30分ほど来ないので、もう16時近くだったと思うけど昼飯を食おうとしたが店がない。ようやく見つけた王将ですらお盆休みとかで休んでる。京都のお店って平日に一日休んだり結構マイペースと感じていたが(東京ではあまりない)、全国チェーンの王将すら時期をずらしてお盆休みとは…

しかし、王将に隣接したイオンはやっていた。よって、イオンでお刺身とから揚げの惣菜とチーズなどを買い、マクドナルドの席で食うことに。京都に来ながらこの侘しいランチは一体…って感じだったけど、メーンは出雲大社だし、とりあえず腹に入れたので満足。




そしてついに…



IMG_28090500000054.jpg


出雲大社へやってきた。京都市内から出て亀岡だったかな?確か亀なんとかって駅だったけど、そこまでやってきてもはや夕刻。人は少ない。でも、赤い鳥居ばかりだった今回の神社でこの白い感じが逆に新鮮でこれまた神々しい感じ。




IMG_28090500000055.jpg


それに、しあわせなでうさぎ もおるよ(笑) もちろん撫でた。思い出しちゃうね、グレ、レーさん、マル、チャーリー




IMG_20905000000859.jpg


そういやウサギの写真を撮る時は真横より、この角度が一番可愛いというのを思い出してもう一枚。




IMG_28090500000058.jpg


この神社の湧き水は飲める。日本でも有数の素晴らしい水だって。不老水とも呼ばれるルルドの泉の水の成分に匹敵するとか。もちろん飲んだ。ペットボトルをさっき捨ててしまったのを悔いたね。ボトリングすればもっと飲めたのに。



実は新幹線の時間も迫っていて、この出雲大社の滞在リミットは20分ほど。神社で慌ててはいけないとはいえ、はやくイワクラにいかねば!


イワクラとは、「盤座」と書いてそう読むんだけど、ここに神様が宿る最高のパワースポットなのだそうだ。慌てていたから盤座の位置が始めはよく分からず、本には2箇所の盤座があるとされていて、1箇所の方には近づいてはいけないと書かれていた(のを後で知った笑)

そして、たまたま近場の方の盤座に辿りついたのだが(たどり着くというほど遠くもない)、そっちは近づいてもいいというか、むしろ最大のパワーをいただける方の盤座だったからラッキーだった。




IMG_20905000000856.jpg


ほら、とくとご覧あれ、今回の旅の集大成を!


感じたね、感じたよ、びんびんに感じた。蚊の羽音を…

そう、こっちは神様の気をいただこうと、神聖な気持ちで気持ちを落ち着かせようとするのだが、とにかく蚊がすごい。ヒッチコックの映画『鳥』の蚊バージョンとも思わせるほどのすさまじい攻撃で顔、体の周りを飛び回って少しもジッとしていられないほど。命からがら?なんとか写真を撮って早々に感謝の念を告げてこの場を去ったよ。

蚊がいなくて時間があれば、しばし佇んでいたい様な神聖な場だったね。



ちゅうわけで駆け足になったけど、京都紀行お終い。どこも良かったけど、鞍馬寺、清水寺、上賀茂神社あたりが特に印象に残っているかな。本によると、パワー最高とあった、下鴨神社と出雲大社の立場はいったい…って感じだけど、気やパワーの感じ方はやっぱり人それぞれ。

実際、京都がどれだけ素晴らしくても、帰宅して一日ぶりにカムイのいる我が家に戻ったら、実はそこが一番のパワースポットじゃんって思ったしね(笑)





人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
2017 京都紀行3 :: 2017/09/05(Tue)

京都初日に下鴨神社と上賀茂神社どちらも巡る予定だったけど、下鴨神社を後にした時には既に上賀茂神社はしまっていた。

ということで、24時間参拝は可能という伏見稲荷に行くことにした。ここは外国人に最も人気のある京都の観光地。外国人じゃなくったって、テレビで見るあの壮観な鳥居の風景はぜひともこの目で見たい。もはや20時近くになっていたような気がするが、夜の鳥居もオツなもんだろう。


IMG_2872015459.jpg


ほら、オツ~!



IMG_282154888978.jpg


なに、この神秘的さは。これは夜じゃないと味わえない美しさ。




IMG_2821545485577.jpg


雲間に漂う感じがいいね。



しかし、伏見稲荷の千本鳥居って実際にはそれ以上あって、すべてを見るにはちょっとしたハイキングコースのようなところまで行かねばならぬのだ。全行程の所要時間は1時間半くらいだったか。朝4時台に起き、各所を回ってもはや夜。疲労も溜まっているし(何度も言うがこの時は風邪気味)。それにひと気のない暗い鳥居をくぐってハイキング(とも言えないが)する気にはなれんかった。よってすべての鳥居くぐりは次回京都来訪時の課題とした。

この後はもちろん宿に戻って寝るだけ。2日目も朝は早い。予定では、清水寺、知恩院、初日に行けなかった上賀茂神社、さらに京都市内を離れた出雲大社にいって、最後に嵐山嵯峨野方面へという強行スケジュール。果たして回りきれるのか??



2日目。都野菜という500円の朝食ビュッフェを発見したので行ってみた。ずっと、「となは」と思っていたら、「みやこやさい」だった。そりゃそうか。新鮮な野菜たちとパンやコーンフレークなどもあって500円は安すぎて、これが近所にあったら毎日通うと思ったものだ。京都に3店舗しかない店らしい。

さて、朝に訪れるといい気をもらえると本に書いてあった清水寺へゴー!



IMG_28215648565411.jpg


うわーこの感じもいいな。この中国的な感じ。



IMG_28215648565409.jpg


手始めに胎内めぐりというのを100円で試してみた。まっくらやみの中を手すりだけを頼りに前に進む。下手したら前の人にぶつかってしまう可能性もあるから、五感を研ぎ澄ませた。そして、ほどなくすると石があり、そこに手をついて石を回しながら願い事をすると叶うという。これ、学生の頃に来た時はやったかな。多分やっていない。まっくらやみ体験、なかなか貴重でござんした。




IMG_28121564856542.jpg


建物の中の方へ移動すると、入口の辺りは風鈴の大群。なんかこれも中国ドラマなどを見ているとよく出てくるような情景で良かった。めちゃくちゃ暑い日だったけど、建物には風が吹き込んでさらにこの風鈴の音色で気持ち涼しく感じたね。




IMG_22156485654816.jpg


こうしたもののひとつひとつに感銘を受ける。中学生の修学旅行では意にも介さなかったろうが、30年経って違いの分かる男に成長したか(笑)




IMG_28215648565413.jpg


清水の舞台から山々を望む。単純に気持ちいい。この場でひとりで正立養気法をしてしまった。これは通っている気功教室の基本の気功で、ほぼ立っているだけの簡単なもの(ただ、奥は深いらしい)。
ただただ、この場の良い気を感じとることに集中。いい気を体に入れて、風邪の邪気よ去れ~!と念じていたのだが、風邪はその後1週間くらいダラダラと。俺の気功もまだまだのようで(笑)




IMG_28215648565422.jpg


清水の舞台は修理中。しばらく掛かるんかな。また修繕が終わったら来ようか。京都は何度来ても良さそうだ。




IMG_28221564856546.jpg


定番のこれね。水をクチに含んで願いを叶えるみたいなやつ。普段は混んでいるようだけど、この日は平日だったので割とすぐに順番が回ってきた。ただ、中国人らしき親子が写真を撮るために、延々その場を動かないのにちょっとイラっとした。
俺の知る中国人といえば(三国志やその他ドラマ限定だけど)、義理人情に厚く礼儀正しく善良な方々なのに、現実で出会う今の中国人は…? どうかイメージを壊さないでくれよ。
ま、マナーが悪い日本人もいるだろうし、マナーの良い中国人だっているいだろう。中国人全般を悪い目で見るのはやめよう。きっと現代にも関羽のような方もいるはず(幻想)


ちょっと清水寺でノンキに過ごしてしまった。でも、風水本には慌しくしてはいい気を受けられないとあった。もっともだ。せっかく訪れた地、それぞれを楽しもう。時間的に行き切れなければその時はその時。

ってことで続いては徒歩でいけるという知恩院へ。


向かう道すがら、土産屋として観光名所にもなっているいくつかの坂がある。



IMG_28215648565430.jpg


買うわけではないが、ぶらつきながら見るだけでも楽しい。スタバやコンビニも京都の景観を壊さないような色合い。素晴らしく落ち着く。そういや高層マンションも見なかったんだけど、そういう条例でもあんのかな。なんでも高けりゃいいってもんじゃないよ。




IMG_28215648565432.jpg


何の店だかすら分からないが趣がある。




IMG_28215648565431.jpg


これも特に意味はないのだが、京都で見ると味わい深いのだ。




この坂で撮った写真。個人的に気に入った一枚。



IMG_28221564856549.jpg


『京都の夏』


映画、君の名はのイメージっぽいような気も。とにかく瓦の建物が味がある。


しかし、知恩院まで近いようで、この酷暑だと結構遠く感じる。

ちゅうことでまた続く。





人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
2017京都紀行2 :: 2017/08/30(Wed)

京都1のパワースポットといわれる鞍馬山。なにが1位なのかは分からぬが確かにいい気が漂う感じ。思い込みかもしれないが。


IMG_278214589527.jpg


このような不思議な巨木にも神々しさを感じる。森の中は涼しいはずなのに、この日の京都は最高気温35度。岩盤浴に入っている時のように汗を垂れ流してしまい、それが乾いてくると今度は冷え冷えとしてくる。これも風邪には良くなかったか。とはいえ、この鞍馬山、本当に良かった。いい気をもらえたことは間違いなし。



しかし、この鞍馬山はまだ序の口。この日のスケジュールでは、この後、貴船神社、下鴨神社、上賀茂神社、伏見稲荷まで訪れるという強行軍だ。本当にいきつけるのか!?(笑)




IMG_27782145895288.jpg


まず、貴船神社は鞍馬山を降りるとすぐだからセットでいくのにちょうどよい(ちょっと山歩きは必要だが)。

パワースポットの本によれば、貴船神社は水の気がものすごいらしい。神社に向かう道すがらずっと小川が流れているのだが、ここに良い気が漂っているそうだ。川では川床食堂といって、まさに川の上にテーブルなどを置いて最高の気の中で食事を楽しむ方々の姿も。しかし、場所が場所だけにお高いだろうし、この後の行程を考えると、そんなところでノンキかつ優雅に飯を食らっている暇はない。




IMG_27782145895290.jpg


鞍馬山は人が少なくていい気を独り占めの雰囲気だったが、貴船神社は結構人が多かった。その分、若干神秘性で劣ったかな。とりあえず、この地で水からのメッセージをいただくには水占みくじをするのがいいというのでならってみた。



IMG_27782145895291.jpg


吉。まぁまぁ



貴船のハイライトはこのおみくじだったかな。鞍馬山で結構くたびれていたし、水のせせらぎはすごく良かったけど、なぜか写真はもうなかったのでこれにて。iphoneのバッテリーがすぐに切れるから温存したってのもあるかも。





続きましては下鴨神社。ここは例のパワースポット本によれば京都の中でも最大級のパワースポットらしい。鞍馬山を京都1位という説もあれば他の説もあるんだけど。
人それぞれの感受性にもよると思うけど、とにかくその本の著者の評価では、俺の大好きな群馬の榛名神社と匹敵する高い評価だった。



IMG_27782145895293.jpg



そんな敷地内に何と下鴨マンションが作られたという(見た目マンションっぽくないのもいい)。このマンションの通りにはものすごいパワーが宿るというが、その両脇に作られたマンション。なんとも贅沢な。住みたくて住みたくて、後でチェックしてみたら2DKで最低6000万円…
いかりや長さんじゃなくても、ダミだこりゃ!って言いたくなっちゃうよ(笑)
しかし、こんなところに住める人いいよなぁ。京都に住めるだけでも羨ましいのに。



境内に向かう通り、糺の森だったかな、そこにはこのような巨木が



IMG_27782145895295.jpg


何にもいわれが書かれていなかったけど、何かを感じてバッテリーの少なくなってきたiponeを使って写真を撮った。




IMG_27978214589526.jpg


だって、枯れているようで完全には朽ちていないこの生命力に只者ではない何かを感じたから。


そしたら、案の定、後で例のパワースポット本を見たら、これらの木からは強いパワーが発せられているという。ありがたや~




IMG_27782145895298.jpg


神社に入ると、手洗い場に後光が差していた。もうこの頃には夕暮れ時で、ちょうど光が当たってこのように見えた。常にこういう色ではないんだよ。ちょうど訪れた時のこの情景。何か迎えられている気がしたね。




IMG_27782145895299.jpg


国家にも登場する、さざれ岩だって




IMG_27821458952792.jpg


清少納言だったかな、うろ覚えだけど、彼女が恋人を思って渡った橋?? 超てきとーなんで違うかも(笑)






IMG_27821458952800.jpg


神社の建物は朱色を貴重にされているけど、本当に目に鮮やかだよね。




IMG_28782145895201.jpg


これは何の倉だったかな、中央に建っていたような気がするけど忘れた(笑)




IMG_28078214589523.jpg




IMG_27821458952805.jpg


屋根の菜園?がおしゃれ(笑)



下鴨神社を訪れた時はすでに17時を回っていて、神社に向かう道すがら、ゆっくりS時に歩いた方が気がもらえるってんで、ノンキにのんびり歩いていたから、境内に入った時には17時半を回っていて…
神社って一日中御参りできると思ったらここは18時までだった。事前調査甘かったが偶然間に合って、ビビッときたいい土産もゲットできてラッキー。


でもまてよ、この後、上賀茂神社と伏見稲荷にも行かねばならぬというのに、ここが18時で閉店(って言うのか?)だとすると、他の神社もやばいかも…

そもそもこの日は朝5時前に起床して、山を歩いて神社も巡って、いい気をいただいているとはいえ肉体的には疲労が増してきた。まして、風邪も召していて。

この後、どうすっべかなー


ってことで続く






人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
2017京都紀行1 :: 2017/08/29(Tue)

心霊番組を見すぎたせいか(?)風邪を引いてしまい長引いている。今日で8日目くらいかな、そこまでひどくはないけど、そういう風邪は案外長引く。喉がイガイガして鼻が出るんだよ。その辺りにウィルスがとどまってしまっている感じだね。

糖質制限と筋トレをしてスーパー健康な体を目指していたというのにこの体たらく。確かに会社で風邪の人がいたが、いたとしても移せるもんなら移してみやがれ!と思っていたのに、あっさりいただいちゃったよ。その挙句にダラダラと続いちゃって。だから腕立て伏せもできないし、なんだか調子もしっくりこない。

実は先週、学生時代以来に京都を訪れたのだが、引き始めの風邪をお供にといった感じで。それでも、せっかくの京都だから風邪なんぼのもんじゃいとガンガン歩いていたんだけど、だから長引いちゃってるんかなぁ。


とまぁ、近況報告はこのぐらいにして、しばらく京都紀行と行かせてもらうよ。


今回の旅行のテーマはパワースポット巡り。ブックオフでゲットしたパワースポットの本にならって巡ることにした。今まで最も最高のパワーを感じた群馬の榛名神社に匹敵するところはあるんだろうか。



IMG_27201745260.jpg


はじめに訪れたのは三十三間堂。中の写真が撮れないから建物の外観だけになるけど、この中に千体以上の観音様が祭られている。微妙に御顔の表情が違ったりして、その中に自分に似た顔があるとも言われる大量の像。しかし、幾重にも並んでいるので、後ろの方の観音像の御顔は全く見えない(笑)




IMG_212584556764.jpg


ひと通り、壮観な観音像を見終えると、帰りは建物の裏道から入口方向に戻ってくる。なんとなく歩いてきたが、この地をあとにした後、本を読んだらこの裏通りも強烈なパワーが発せられているという。先にチェックしておけよと。




IMG_21231564763.jpg


これは入口。昔はなかった近代的な玄関が造られていた。ちょっとマッチしてないね。




IMG_271234565465.jpg


これは三十三間堂近くの川。鴨川ね。七条とかいう駅の近く。この川の横を歩けるようになっているのだが、近所の人はいいね。こんなところを歩けるなんて。京都は街全体がパワーに包まれているというよ。京都に済んでいる貴方は幸せを噛み締めなさい(笑)




この後は叡山電車というのに乗って京都一のあの寺に向かった。



IMG_275852670.jpg


鞍馬山の鞍馬寺。鞍馬天狗というぐらいで天狗様が象徴のようだ。




IMG_27201585268.jpg


駅にはこれね。以前に鼻が折れてしまったこともあるようで。人がぶら下がれないように(?)柵が設けてあった。




IMG_275852669.jpg


いい感じの景観だね。風邪を引いていても、このような階段を見ると、登りきってやろうという達成意欲がふつふつと湧いてくるよ。




IMG_277585262.jpg


義経様が祭られているというのも歴史のロマンを感じるね。




IMG_275852673.jpg


ここは…なんだっけ?

生き物をこの地に放す(逃がす)いわれのある池がここだったかな。いろいろスポットをめぐり過ぎてちょいと混乱しているけど、ここがそうなら池には鯉や金魚がいたよ。



この鞍馬山はモノレールもあるぐらいで徒歩ではハードだけど、このパワーを感じずにあっという間にテッペンまできたら勿体無い。風邪も汗と共に去りぬとこの時は思っていたのだが…



IMG_27201565878.jpg


てなわけでこのような階段や結構な山道を歩いたりして、ついに最強のパワースポット場に到着した。




IMG_27015679.jpg


この神殿の前の中央に立つとぐいぐいパワーをいただけるという。





IMG_28701566.jpg


もちろん立ちましたさ(笑)


これが休日だとノンキに写真を撮ってもらえる状況じゃないんだろうね。この日は平日だったから割と空いていた。思う存分パワーをいただいたよ。





IMG_27015681.jpg


鞍馬山の木の根も有名らしい。躓かないよう注意




IMG_27015682.jpg


義経さんの魂が戻ってきたという地。無念の想いが宿っているのかな。俺は中国史の方が好きだけど(なんでだろ)、こういう地を訪れると日本史もいいなと思うね。




ちゅうことで、鞍馬寺だけでこんなに長くなってしもた。まだ風邪も抜け切っていないので今宵はこの辺で。続きはいつになるかは風邪次第。会社もゴタゴタしてあまり心も休まらず。しかし京都パワーはまだ残っているはず。風邪ももうひと息。頑張るべ。


ではまた~




人気ブログランキングへ

おくらばせながらコメ返ししときやした
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
次のページ