独身リーマン&猫一匹




明日から香港 :: 2016/12/09(Fri)

最近は以前にも増して卵パンづいている。


IMG_03362016120900.jpg


作るごとに出来上がりが違う。前のものを再現できないとなるとこりゃ店は出せんな(笑)



IMG_03392016120900.jpg


まぁ、作るごとに材料を少しずつ変えたり、焼き時間もだいたいだからしゃーない。最近はリンゴをミルサーで粉砕してその自然の甘みをパンに生かしている。




IMG_03302016120900.jpg


こちらはその上で、上にも形の残ったリンゴを乗せてみた。




IMG_03322016120900.jpg


これを2こ作って、ランチにもこれを食っていたりする(笑)


ランチの経費が浮いた分を夜に回して、夜は少しだけ豪華なひとり鍋だ。



明日から香港。

こんなつつましやかな食生活からガラリ一変。滞在中に予約してある店は香港でも最高級の中華らしい。110階とかにあるミシュランの店だとか。その次の日は、こちらもすごい高級フランス料理だとか。いずれも絶景の夜景が拝めるらしい。

自作パンで節約している人間がよもや食べられる店ではないな(笑)。決して高級志向ではないのだが、ここはありがたくいただいてこよう。




IMG_03402016120900.jpg


しばし日本食を離れるので、今日のランチは以前にも行ったおでん食べ放題の店。卵はこの下にも一個埋もれていて3個。がめつく取った。





IMG_02982016120900.jpg


カムイとのしばしの別れ。二泊だから2年前のフランス出張で一週間空けた時に比べればあっという間さ。



IMG_03032016120900.jpg


でも、カムイと共に過ごすことが日課となっているので、きっとカムイシックにかかることだろう。カムイの方はきっと大丈夫。悠々自適、ノンキに過ごしてくれるはず。






人気ブログランキングへ


行程表を見たところ全く観光の時間はなかった。まぁ仕事の一環だからね。とりあえず香港の空気(汚染されているのか?)と、高級料理に舌鼓を打ってきますわ。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
明菜、オリコン8位 :: 2016/12/06(Tue)


ヤフーニュースやスポーツ紙でも触れられていたが、明菜の7年ぶりのディナーショーは大成功だったようだ。行った方の話を聞くと(ネットでだが)、歌唱が全盛期のようだったとか、体調も良さそうだったとか軒並み良い話ばかりで嬉しくなる。

7年ぶりの喜びが助長した分はあるにせよ、確かに今回のアルバムを聞いても声の張りなどは戻ってきているので、ライヴで聴いたらさぞ良かったのだろう。これからあと9公演もあるし、相変わらず痩せ気味だったので、最後まで無事に乗り切って欲しいなと。

さて、ブログでも紹介したニューアルバムだが、見事オリコンで8位に入った。7位とは42枚差だったから、このブログを見た人がもっと買ってくれれば…というところだが(ウソ笑)、まぁ8位でも十分に立派。80年代アイドル出身でいまだトップ10に入れるのは松田聖子と中森明菜くらいのものだろう。

ゆーみん、中島みゆき、竹内まりやといったところは、聖子・明菜よりも年上なのに当たり前のように上位に入ってくるが、彼女らは別格というか、もともとがアイドルという括りでなかったことが今ではむしろ強みになってくる。より万人受けするという意味でも。

元アイドル出身で今も多くの支持を集める聖子と明菜はやはり偉大だし、今後このような逸材は俺が生きている間は現れないだろう。そもそも単身ソロでのアイドルというのが、もはや存在しないということもあるが。





で、今日紹介するのはこちらのアルバムだ。

これは今月の暮れ頃に出るヴァンパイアというアナログレコードと先日8位に入ったアルバムのセットなのだが、すでに8位のアルバムは買ってしまった俺としては、このセットアルバムを買うと、もとのアルバムがダブってしまうのである。さらにヴァンパイアの方はレコードなので、レコードを聴く手段のない我が家では買っても意味もないという。

なぜ、このような販売形態にしたかは謎だが、今年、明菜は過去の作品のレコードとレコードプレイヤーをセットで販売したから、そのセットを買ってくれた方のためにというのもあるんだろうなとは思う。

ただ、俺としては、元のアルバムはダブりたくないし、アナログレコードを持っても仕方ないしどうしたもんだか。売り上げには貢献したいが、悩みどころ。

それより俺が注目しているのはこのジャケット。すごくない?どこぞやのロックバンドのジャケットじゃないよ。

50を超えた(年齢ばかり言って申し訳ないが)女性歌手がこの挑戦的なジャケットを持ってくる奇抜性が昔から彼女のすごさだ。かつては女僧のような坊主姿のカバーアルバムで大ヒットをかましたこともあった。

松田聖子なら、美しい私を見て!的なジャケットが多いのだが、それはそれでいいと思う。彼女の衰えのない容姿には驚愕するし。だけど、明菜のこうしたチャレンジ精神はもっと好きだ。レコードなのでサイズはでかいから、たとえ聴けなくても飾り用として買わなければならぬのか?(笑)




さて、本日のディナーといこう。


IMG_03292016120800.jpg


いつものサラダワークスのつもりが、あまりの帰路の寒さに一人鍋へと予定変更。スープが生姜仕立ての白湯仕立てなんで身体があったまる。

夜21時を過ぎていたのであまり食べすぎてはいけないのだが、いつもの通りついつい結構食った。野菜とキノコはもともと鍋用にカットされているやつ。袋には2~3人用と書いてあったがさすがにそんなには多くない。だけど、豚肉200gと卵2個も加わって結構なボリューム。

豚肉は噛み応えのある鹿児島のちょっと高いヤツの割引品。うめーずら。野菜は煮込んでしまえばカサも減ってやっぱり2~3人前はない感じ。とはいえ食い終えた今はちと腹が重い。こうなると風呂に入るのも遅くなって寝るのも遅くなる。悪循環。最近寝るのが一時くらいになってしまっているので、何とか0時まで寝たいのだが。競馬のブログを更新しているせいもあるんだが。



そんなわけで朝は起きた瞬間から眠い。



IMG_03112016120800.jpg


眠いのに、横になりながらダラダラとスマホをチェックしていたら、カムイが乗ってきた。これはカムイが俺の上に乗っていて、下から押さえた構図の写真だ。




IMG_03102016120800.jpg


この構図はこんな時じゃないとなかなか撮れない(笑)




IMG_03152016120800.jpg


ダラダラとして動けない俺と比べてなんと朝から爽やかなご様子よ




IMG_03082016120800.jpg


目覚めたらこの顔が間近にあるというのは夢でも幻でもない。幼き頃、犬とか猫を飼いたい頃だったら夢だったろうが、今は現実。ミヌエットがなんぼのもんじゃい。カムイの方がかわいいぞーーー!(笑)





IMG_03092016120800.jpg


慈悲深く(もしくはあきれた様子で?)俺を見つめる御顔はまるで菩薩のように心を癒してくれるやね。






人気ブログランキングへ

競馬ブログの方ではいち早く報告したが、今週末から香港に行くことになった。2泊3日ということで、カムイの世話は知人のペットシッターに依頼。カムイと会えない日々は寂しく心配だが(まず大丈夫なんだがこっちが勝手に心配してしまう)、初めて行く中国(香港だけど)。俺が海外で行ってみたかった唯一の国、中国。まぁ、もともとイギリスの植民地だったから中国色はほとんどないんだろうけどな。なんにせよ行く以上は楽しんできますわ。三国志の時代で言えば、呉のあった場所なんで、はるか1800年前の孫策、孫権、陸孫らの活躍に思いを馳せてきますわ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
充実の3日間 :: 2016/12/05(Mon)

さて数日ぶりの更新。

この3日間の出来事をダイジェストで。



IMG_024520161204000.jpg


金曜日。

この日は有給をつかってとあるイベントへ。

その前にいつもの卵デニッシュにリンゴを投入。

maruoパンもついに卵リンゴデニッシュにまで進化。

甘味料を入れずともうまかった。これにバターもめちゃ合うんさ。




IMG_024920161204000.jpg


朝。

花の咲かない我がベランダでここまで満開になる花も珍しい。ぎっしり詰まってる。

1分ぐらいまじまじと見つめちゃうのだ。怪しいってか(笑)




IMG_024620161204000.jpg


とあるイベント。

プロのテニスの対抗戦。

さいたまスーパーアリーナにて開催。我が家の近く。これは行くしかないと。

ついに生錦織圭に会える!

喜び勇んで初スーパーアリーナにいったら、テニス仲間に、「今日、錦織出ないみたい」と言われ。

うそーーーーーーーーー!

錦織を前面に押し出してチケットを売り出していたくせに錦織詐欺か!

このイベントは3日間行われるのだが、錦織は土日だけ出場するとか。

この試合は1セットマッチだけなので、3日続けて出てたとしても普通の1試合分の労力。

疲れているのは分かっている。でも、出ろよー、錦織! 

俺の中でちょっと好感度下がった(笑)

でも、代わりにもう一人の目玉、マルチナ・ヒンギスは見ることができたのでそれは満足。

彼女は3日間、シングルスとダブルスも出て偉いな~なんて。

ついでに、ブシャールという過去にこのブログでも紹介したお気に入りの美人選手がいて、彼女も出場選手に名があったのだが、こいつにいたってはドタキャン? ったくもう。

楽しめたが、俺の1万円のチケットは実は5000円分ぐらいの価値じゃね?という感じでまった。





土曜日


IMG_026320161204000.jpg


上野の平安の秘仏展へ。

仏像とか好きなんだよね、見ているだけで癒されるのと、大昔の技術に関心したり。

今回は平安時代だから1000年ぐらい前の木造の仏像だったが、本当に見事だった。




IMG_026420161204000.jpg


博物館の庭園も開放されていて紅葉が綺麗。写真は逆行でやや汚いが(笑)





IMG_025520161204000.jpg


上野公園では錦鯉の品評会に立ち会える偶然。

立派な鯉に目の保養。金魚ならなお良かったが。

ちなみに、この大会で、いつもスキ焼をご馳走してくれる競馬好きのお爺ちゃんが、5匹の鯉を出していたのだが、2匹が何かの部門で優勝しとった。すごすぎる。

でも、それをお爺ちゃんに報告したら、まぁ、関東大会だからねと当然といった風。

目標は全国大会のようであった。やっぱりすげー




IMG_026920161204000.jpg


帰りにアメ横でゲットした戦利品。

火傷を何もなかったかのごとく1日で治してくれた馬油をふた瓶ゲット。

このソンバーユが一番品質がいい。馬油100%。

中には不純物の混じった粗悪品もあるので買う際はご注意を。

ココナッツオイルは600円。左のはブラックオリーブ、これは180円。安さに思わず。





日曜日(今日)



QGUC6983.jpg


昨日、まったく食欲がなく、せっかく上野に行ったのに、ランチも食えずだったので、今日はバイキング。

てか、昨日まったく食えなかったのに、今日は食いすぎだろって感じで、やはりというか夜は腹は減らずもたれも。




IMG_028020161204000.jpg


から揚げなどたくさん揚げ物を食ったので、イオン内の健康食品屋で買ったどくだみ茶をいただきながらブログ更新。

前回はごぼう茶を買ったが、それがつきたので今度はこちら。どくだみ茶は何にいいんだろう。




イオンに行くと必ずペットショップに立ち寄る。

すると今日もいた「ミヌエット」。

短足なのはマンチカンと同じなのだが、ミヌエットの方がかわいい。

ミヌエットの方がいろいろバリエーションがあるからだろうか。

こないだミヌエットを見たのとは違う店なのに再びミヌエット。

いまミヌエットブーム? 価格は確か40万台だったか。たけぇ

やっぱりミヌエット、かわいいわ。しばらく見続けていた。

帰宅後、ミヌエットのブリーダー情報なども見てしまった。

いや、もちろん迎えるわけではないけどね、なんか見てしもた(笑)

そこにミヌエットの解説も載っていたが、人懐こくて、性格も良い猫のようだ。


その後、バーマンの解説の方にうつる。

バーマンも人懐こくて、性格もよいと書かれていたが、以後はミヌエットの性格の良さの上をいく。

一途なところがあって、お気に入りの飼い主の後を付いて回るという一面もあると。

さすが、猫図鑑でも犬のような猫と形容されたバーマン。

やはりバーマンだよ、やはりカムイだよ。

…って無理に思おうとしてないか(笑)



でも、その解説の最後に、バーマンの寿命は平均10~13年という記載も

カムイは来年12歳。

まだ毛並みもピカピカで表情も若々しく、甘えん坊で元気いっぱいのカムイがもう平均ラインに差し掛かっているという事実…




IMG_027120161204000.jpg



一瞬暗澹たる気持ちになったが、猫だけでなく、人も生まれた時から死に向かっているのも事実。

出会いがあれば別れもある。これは猫だけでなく人間も。

だからこそ大切な人(猫)との時間を有意義に過ごさねばならぬのだ。

人生何が起こるかわからない。あと1年、2年などと心配していても明日に何が起こるかわからない。

だから今を大切に過ごすことが大切だね。



ちょっとしんみりムードな気分になってしまったが、まぁ、ノーストレス、完全フードで栄養万全のカムイのことだから、平均寿命なんてびゅーんと飛び越してくれると思うけどな。





人気ブログランキングへ

さ、今夜もカムイと寝られることに感謝して床につくか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
『Belie』は買いだ! :: 2016/12/01(Thu)

あっついココアが美味しい今宵、火傷の件ではご心配おかけしますた。

だけども、コメント欄でもご推察あったように、ノンキに写真など撮ってブログのネタにするぐらいだったので致命傷には至っておりませぬ。

それどころか、今日になったら、ほぼ痛みはなく、あれ、火傷なんかしたっけ?という感じ。





IMG_02412016113000.jpg


…が、この殺人事件現場のような跡形を見たら、やはり昨晩ココア熱傷事件は確かに起きたのだ。


ブログのネタにはさせてもらったが、それは俺がブログ商魂逞しいからであって(別に金にゃならんがな)、普通の人ならもっと冷水で冷やすなど慌てた人も多いかもしれない。そのぐらいもろに激熱ココアがかかったことは事実だし、まもなく赤らんだ皮膚はずっとヒリヒリしていた。

昨日も書いたが、俺は水でココアを洗い流すだけして、すぐに馬油を塗った。だけど、もしかしたらある程度冷やしてから馬油を塗った方が良かったか?と塗った後に思った。だけど、もう馬油が尽きてしまったし、再び水で洗い流してしまうと、つける馬油がないので、もういいやとそのままラップでくるんだのだ。


そして今日、「火傷 馬油」の検索で上位に出てくるとあるサイトで、下記のような記事に出会った。参考までにどぞ。

 『火傷をしたら、先ず水で冷やすこと』と言うのが、現代の医師が指導する常識ですが、 私は『先ず、一秒でも早く馬油を塗布すること、水冷は不要』と断言いたします。どうしても水か氷で冷やさねば不安な人は、馬油を塗った後にすること。

~略~

水ぶくれが出来る程度までの火傷は、すぐに馬油を塗布し包帯すれば、痛みもすぐ に消え、数日で完治しますが、完治までの日数の長短は、火傷して馬油を塗るまでの時間の長短に正比例します。つまり、水で冷やしたりして馬油塗布が遅れると、痛みも長引き、治る日数も長引きます。

火傷とは、外部からの加熱で、人体の表面が火災を起こしている状況といえます。火災とは、《急激な酸化作用》をしている事で、水で冷やすのは消防車が放水して鎮火しようとするのに似ています。馬油は水ではなく、消火器が出す《炭酸消化剤》とでも思って下さい。 水よりも遥かに強力に早く鎮火します。その理由は、完全に皮膚の空気(酸素)を排除し、遮断するからです。水で冷やしても、毛穴の奥や皮下組織に空気(酸素)が残りますから、その酸素が尽きる何分間かは、火傷は進行します。馬油を塗布すると、三十秒で火傷の進行は停止します。相当ひどい火傷でも直ぐに塗布すれば、痛みも数分で和らぎます。



この方の言っていることが正解かどうかはともかく、これだけ自信満々に語られているので信憑性は高いだろう。

おそらく俺はこの記事を以前にも読んでいて脳裏の片隅に置いておいたのだろう。一般的な常識では延々冷やしてからとなるのだろうが、それをしては治りが遅くなっていたのだ。俺はココアを洗い流すや否やすぐに馬油を塗った。そしたラップした。その後、アイスノンで冷やした。完璧であった(笑)

だからこそ俺の火傷も今は少しかゆみを生じるぐらいで全く痛みはないのだろう。馬油ってやつは、なんと頼りになるのだろう。

この乾燥した季節、毎日顔にも塗りたくっているよ。たまに脂ぎった顔になるぐらい塗りたくることもあるが、それもご愛嬌だ。美魔女・岡本夏生嬢もいつぞや、「あたしは馬油だけ!」と豪語していた。皆様も一家に一馬油。お奨めの保湿剤だぞ!

あ、でも今朝は、馬油が切れてしまったので、代わりにラードを患部に塗りたくっといた。ラード=豚の油。まぁ似たようなもんだろ(笑)。ラードならひとつ150円。実際これを保湿剤代わりに使っている人もいる。お安くつくねぇ





さて、昨日届いたこちら。



IMG_02222016113000.jpg


ツイスト器具。

本来は昨日の更新で載せるはずだったがアクシデントにより本日に。




IMG_02242016113000.jpg


ここに乗って腰をくねくねさせるだけの代物。悪くはないが効き目は…?


やっぱり数万円のぶるぶるマシンが欲しいが、コメントをくれたあるとさんによると、ぶるぶるマシンを購入したが、今や誰も乗らず猫だけが乗るとかで、我が家でもカムイだけ乗るようになたら洒落にならんと思うので、ひとまずはこのツイストで頑張るとしよう。

ちなみにこれを裏側にして使うと、真ん中の突起だけで立つことになり、バランスを養える効果があるという。ふ~んって感じだが(笑) まぁ裏側には足ツボもついているので、たまにひっくり返してもいいかもな。




IMG_02262016113000.jpg


とりあえず2日目の今日も使ったが、カムイもいつまで続くかね的な顔をしているな。
俺はやるときゃやるぞ。この脂肪の付き始めた腹を何とかせにゃ!





ということで、本日のランチはもろ糖質制限。
糖質制限をしてから太りだした(というと御幣あるが少し体重が増えた)男であるから、制限してもダイエット効果はないのだが。



IMG_02382016113000.jpg


だけど節約効果はあるぜよ。
なんせ、自作卵パンを持参しているから、他はファミマのハーブチキン250円だけしか使っていない。




IMG_02402016113000.jpg


パンにはたっぷりのバターをつけていただくんだ。バターは2日前に買ったものをカバンに入れっぱなしにしておいてそのまま使用。
外でパンにバター塗って食ってる奇特な男もなかなかいないだろうが、そんなの関係ねぇって感じで、今日も訪れた雀を見ながらぱくついていた(笑)


おそらくこの食事だと糖質は5gもない。たんぱく質と脂質はたっぷりだ。これぞ糖質制限という感じ。
最近スイーツを食ったりちょっと緩んでいたのでまた少し締めていってる。野菜は青汁と夜の野菜丼でたっぷり摂っているからオッケー。




さて、今日はもうひとネタ。こっからが本題かも。


IMG_02422016113000.jpg


みんな、本日発売になった明菜さんのニューアルバムはゲットしたかい?(しねぇってか)




明菜は俺が小学生5、6年の頃から大好きで、よく友達同士で、お前いい加減にしろよってやつに向かって、当時流行っていた『1/2の神話』という曲のフレーズを使って、「いい加減にしてーーー!」などと指指したりしていたものだ。

また、俺が始めて好きになった芸能人は石野真子さんだったのだが、そのトップの座をあっさり退けたのも明菜だった。

美人で歌がうまくて踊りや振り付けも素晴らしくて雰囲気があってカリスマ性があってオーラがある。

長らく明菜の幻影を追って、その後に出てくる人も聴いていたが、工藤静香もダメ、中山美穂もダメ、南野陽子もダメ…といった感じで、明菜を俺から退かせる歌い手はついぞ出てこなかった。

そんな彼女の歯車がどこかで狂ってしまい、狂った後も一応応援はしていたのだが、やはり全盛期の頃の幻影を追い求めてしまって、どうしても昔は良かったねぇと懐古主義になりがちだったのだが、でも、最近は明菜が元気で歌ってくれりゃそれでいいよと思うようになった。



1988年7月、俺の崇拝していたプロレスラー(ブルーザーブロディ)が刺殺されるというショッキングな事件が起きた。俺はショックで高校受験を控えた中学3年の大事な時期、しばらく休学することになってしまったほどだ。そのぐらい衝撃を受けたのであろう。当時は両親以上に崇めていた存在であったから。

そして翌年1989年の7月、今度は俺の大好きだった歌手が自傷する事件が起きた。だけども命に関わるようなことはなく心底ホッとした。しかし、その事件が原因となり、その歌手はついぞ当時の輝きは取り戻せないまま現在に至っている。

だけども、もしその事件でその歌手が命を落としていたら…

そう思うとゾッとするし、今もこうして歌声を提供してくれることに、今はただただ感謝といった心境である。



そして、発売されたのが先にジャケット写真を挙げた『Belie』というカバーアルバムなのだが、そのオリコンデイリーランキングが本日発表された。


1 なうぇすと/ジャニーズWEST
2 ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION
3 RUNWAY/AOA
4 人間開花/RADWIMPS
5 辛夷其ノ壱/こぶしファクトリー
6 迦陵頻伽/陰陽座
7 TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』オリジナルサウンドトラック/加藤達也
8 Belie/中森明菜
9 DARE TO DREAM/入野自由
10 ミュージカル・リズムゲーム『夢色キャスト』/ゲーム・ミュージック
11 矢野山脈/矢野顕子
12 Lovin’you -30th Anniversary Edition-/渡辺美里
13 ドラマCD『ドライブサーガ』仮面ライダーマッハ夢想伝/ドラマ
14 ファインダーの向こう/新山詩織
15 SUPERFINE/冨田ラボ



8位

かつて出せば1位をとっていた輝きはもはやない。少々悲しくもあるが、それ以上に悲しいのは、現在の日本の音楽の意味の分からなさ(笑)

1位のジャニーズはまぁジャニーズなんでしょというのは分かる。それでもメンバーの顔は知らないが。

しかし、以後に続く人たちの名前はいったい何なんだ。もはや読み方すら分からない。すべてグループなんだろうか。全く知らない人だが、普通の名前というだけで、明菜の前に位置する加藤さんに好感を抱いてしまうぐらいだ。

矢野顕子さんや渡辺美里さんの名も見えるのは非常にホッとする。

美里も好きだった。『My Revolution』ね。出だしから最高だね。小室さんなんだよね。いい曲だよなぁ。他にも『悲しいね』とか『Believe』とか『10years』とかいい曲をたくさん歌ってた。

それはともかく、上位の人たちは今の若者に売れている人たちなんだろうか。それに対して愚痴をいったところで、うるせぇよ、おっさんといったところかもしれない。

でも、昔はソロで勝負する人が多かったよね。ジュリーに秀樹に郷ひろみ、俊ちゃん、マッチに聖子に明菜、あぁもうあの時代は戻らない。。。


だけども、そんなよく分からない人たちに混じって、50歳を超えた明菜、よう頑張ってるよ。本物だから生き残っているのだろう。

今回のアルバム『Belie』は個人的にとても良かった。カバーアルバムはいくつも出しているけど、明菜は他人の曲を歌う時、裏声というかファルセット気味の歌唱にすることが多く、ファンの俺でも少々食傷気味であった。全盛期の迫力ボイスを知っている身としてはなんか物足りなくてね。もう地声の迫力ボイスは出ないのかな?とも。

ただ、今回のアルバムはほとんどの曲を地声で勝負している。そりゃ全盛期の張りや伸びはないかもしれないけど、それは当然のこと。今は今にしか出ない味と深みが堪能できる。意外性のある選曲もあるけど、しっかり明菜色に染めている。

このアルバムが週間ランキングで10位にも入らないのは悲しい。オリコンで10位に入るか入らないかが歌手にとってのステータスになるようなこともあるし、明菜は何気にランキングを気にしている(ライブとかの発言で)。ぜひとも10位に入って本人にも喜んでもらいたい。

ということで、皆さん、お奨めの一枚だから少しでも明菜に興味があったらポチッてあげて(笑) 




Belie [ 中森明菜 ]

価格:3,240円
(2016/11/30 23:05時点)
感想(0件)




古き良き時代のJ-POPを少しでも取り戻そうではないか!(笑)

※ジャケットが違うのは、俺はDVDつきを買ったから




人気ブログランキングへ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:7
やってもうたー! :: 2016/11/29(Tue)

昨日の夜にポチッたばかりのツイスト器具が今日には届き、ついでに明菜様のニューアルバムも届いていた今宵。



IMG_02272016112900.jpg


さっそくツイスト運動も終えたことだし、熱~いホットココアでも飲みブログを更新しながらアルバムを聞きますかなと思っていた矢先のこと…






IMG_02282016112900.jpg


やってもうたー!



ぐつぐつとヤカンで煮えたぎらした120℃はあろうかという熱湯ココアが、俺のスパッツだけになっていた足(もも)にもろにかかった。

一瞬何が起こったかわからず、その間は1秒か2秒だったろうが、妙に長くも感じられる時を経て慌ててスパッツを脱ぎ捨てた。

しかし、落ちたものを数秒だったら食べても平気などという2秒ルールが火傷に適用されるはずもない。1秒だろうが2秒だろうが、熱湯を浴びた足はすぐさま赤らんできてジンジンしてきた。


さて、火傷の時はどうしたもんかと瞬時に考え、とりあえずココアまみれになった足を洗うべと浴槽に行き、シャワーで流す。

昔はこのまま冷やした方がいいと聞いたけど、実際にはどうだったっけ? 

とはいえ、そもそも足全体への冷水放射はこの冬に堪えるので、ココアを洗い流す程度に切り上げて、その後は我が家の万能薬として常備している〔馬油〕を取りいだして、足に塗りたくった。




その後、患部をラップでぐるぐると巻いた。


IMG_0229.jpg


湿潤療法の要領だ。



火傷といえば、2年前にフランスに仕事で行く数日前にコールドスプレーにより自傷火傷を負ってしまったのだが、あの時はコールドスプレーで火傷になるとは思わず、その箇所に湿布などして(コールドスプレーをかけるぐらいだから少し痛めていたので)寝ていたら、夜中にその箇所がジンジンとしてかなりビッグな水ぶくれが出来ていた焦った。

あれはテニスの試合の前夜のことで、こんな水ぶくれをたぷたぷさせたままでは試合どころではないと、取り急ぎ画びょうで皮を差して水を抜くという暴挙に出たのであった。朝になったらまた少し水が溜まっていたが、そのまま炎天下の試合に出た。やはり足が気になって初戦負けだったのに、患部を保護もせずに炎天下にさらし、ずっと他人の応援していたのであった。

今考えると恐ろしいほどのバカである。コールドスプレーで火傷した箇所を湿布で刺激し、傷を治すための水泡を無理やり抜き(しかも画びょう)、さらに炎天下で日焼け(火傷)の二度塗り…

その後も病院はいかず自然治癒力で治すよ~んなどと言いながら、そのままフランスに行ってしまったから患部はどんどん悪化して大変。フランスなので治療もできず、足を引きずりながら凱旋門を登ったのであった。

ちなみに、その火傷の箇所はいまだに肌の色が脱色したようになっていて元に戻っていない。火傷を舐めた代償だ。


そんなわけで、その後(フランスでも)、火傷を治す方法などをネットで調べた結果、見つけたのが湿潤療法だ。患部を乾燥させないことが大事なのだそうだ。キズパワーパッドなどもその応用のようで。

今回は当時よりは無謀なことはしていない。すぐに馬油を塗りたくったので、もも全身水ぶくれとかになりませぬよう…





IMG_01832016112900.jpg


ココアをこぼした時、カムイは俺の1m後ろぐらいにいてゴハンを食べていたのだが、幸いにしてすべての熱湯は俺のももで受け止めたので、カムイには一切かからずに済んだ。ただ、コップを落として、俺が「あぢっ!」と普段あげない怒号をあげてしまい驚かせてしまったらしく、しばらく寝室に逃げてしまった。

今は戻ってきてココア風味の床の様子などを観察している(笑)


カムイがパソコン椅子の下などにいたらと思うとゾッとする。その点は本当に良かった。本当に良かった。





人気ブログランキングへ

ココア飲んだら風呂入ろうと思って湯を沸かしていたんだけど、この状態じゃ無理。。。無念
馬油とサランラップ、頼んだぞ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:10
次のページ